シャンティのこと

シャンティ、2月22日に9歳になりました!
a0134306_14161158.jpg


そして、同じ時期、右の首の横にしこりを発見しました。
最初は、リンパ節炎かもしれないから、抗生剤を飲んで様子見。
しかしながら、しこりがなくなることはなく、
3月1日に全身麻酔でのCT検査になりました。

検査中に、扁桃の腫れの部分を切除して
病理検査に出したいと先生から電話がかかってきて、
きっと、おそらく、あまり良い状況ではないんだろうな
とぼんやりと思いました。

麻酔から目覚めたシャンティをお迎えに行って、
病理検査に出して結果を見なければわからないけど、
扁桃扁平上皮癌の可能性があること、
できるだけ早く摘出が必要なこと、
放射線治療が必要なことを伝えられ、
大学病院での受診を勧められました。

シャンティの場合、喉の奥の部分に腫瘍があることから、
奥まで放射線が届く
メガボルテージ放射線がある麻布大学が日大がいいとのこと。
とは言え、シャンティが癌であること、手術するのか?などと
頭の中がグルグルして、即答せず、翌日、返答すると言って
家に戻ってきました。

「なんでもっと早く気が付かなかったのだろう」と
思わず診察室で泣いてしまったのだけど、
扁桃扁平上皮癌は、本当に微細でであること、
喉の奥の部分であることから、見つけることは難しく、
多くは、シャンティと同じように、首の横が腫れて発見されるそうです。

この検査の夜は、
全身麻酔の影響なのか、
一部を切除した影響なのか
シャンティは、ヒューヒューと苦しそうで
あまり眠れていないようでした。
by cica_tassy2 | 2017-03-19 14:43 | 病気のこと | Comments(0)
<< 大学病院を予約する いろんな所 >>