<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

少しづつ byピース

余震の回数も減ってきて、
少しづつスーパーには食品が並びだし、
ガソリンも並ばずに入れれるようになりました。
だけど、必要のない資源は使わない。
無駄な買いだめもしない。
そして、ちょっとだけだけど
こちらに義援金を振り込んだんだって。

そして、ボクたちも、少しづつ
いつもの生活に戻ろうと言う事で、
入笠山に行ってきました。
久しぶりに青い空の下、深呼吸。
a0134306_18261811.jpg


沢入登山口から頂上を目指します。
a0134306_1828259.jpg

雪は思ったよりも残っていました。

シャンティは、相変わらず、雪玉LOVE
a0134306_1829197.jpg

a0134306_18291329.jpg


Gucci君は、今日もリュックイン。
ポカポカの日差しを浴びて、気持ち良さそうだね。
a0134306_18302397.jpg


雪と青い空。
a0134306_18331197.jpg

a0134306_1833219.jpg


一ヶ月半ぶりのお山だから、
おかーたんは、心臓が口から出てきちゃいそうだったんだって。
そして頂上への道は、雪が降り積もったらしく、
アイゼンでは、ズブズブ入っていっちゃう。
その上、何故か直角な角度の坂。
シャンティは、何度もずり落ちていました。
a0134306_18354118.jpg


鬼の形相でたどり着いた頂上。
a0134306_1836562.jpg

せっかくだから、ここでお昼。
Gucci君は、特等席を準備してもらっていたよ。
a0134306_1840449.jpg

cheenaさんは、頂上de焼肉。
a0134306_1840472.jpg

ワンコだけでなく、ニンゲンも前のめりになっていたよ。

直角な坂道は、とっても苦しかったけど、
小さな一歩でも、確実に前に進めるんだね。
千里の道も一歩から。
ガンバレ日本!
a0134306_18432426.jpg

by cica_tassy2 | 2011-03-28 18:45

元気だよ! byピース

時々、ユラユラとお家が揺れるのは怖いですが、
それを除けば、ボクたちは元気です。
遠くにお出かけできないのはつまらないけど、
お家で過ごすのも楽しいです。
だって、なかなか新しいおもちゃを出してくれない
おかーたんが、
お出かけできないボクたちを不憫に思って
押入れの奥から、おニューなおもちゃを出してくれたんだ。
a0134306_14373010.jpg

a0134306_14404160.jpg

a0134306_14374274.jpg

a0134306_14405924.jpg


その上、今まで帰りが遅かったおかーたんもおとーたんも
ちょっとだけ早く帰ってきてくれるし、
お散歩も、そんなに暗くならないうちに行けるし、
ボクたち、結構幸せかも。

こんなボクたちの幸せパワーが
被災地の皆さんにも届きますように!
by cica_tassy2 | 2011-03-21 14:41 | Comments(16)

落ち着きました

2月からずっと、毎日残業そして土日出勤。
やっと3月10日にそのプロジェクトが一段落。
これでピーシャン孝行ができると思った日に起きた地震。
会社は、箱崎にあるのですが、高速道路が、
地獄の住人のような、それはそれは不気味な音を出しながら
ゴムのようにしなっていました。

少しでも早く、ピーシャンに会いたい
この揺れでは、きっと電車は動かない。
これは歩くしかないと4時に判断し、歩き始めました。
ピーシャンがガラスまみれになっていたらどうしよ~。
早く帰らなくっちゃ。
必死に必死に歩くこと3時間。
7時過ぎに家に着きました。

家の中は、思ったよりも大丈夫でしたが、
食器が割れて、本が飛び出していました。
一番ぞっとしたのが、シャンティのケージのそばに
トースターが落ちていました。
ものすごい勢いで、横にすっ飛んで行ったんだと思います。

私の顔を見たとたん、
ピーシャンは、尋常ではない鳴き声で叫びました。
お留守番中に、食器がものすごい音で割れたり、
トースターが飛んだりして
とってもとっても怖かったんだね。
ごめんね。ごめんね。

部屋の片付けを終えて、ピーシャンをゲージから出すと
ピースは一目散にダッコを求めてやってきました。
でもシャンティは、ちょっとした物音にも反応して
ヒステリックに泣きまくり。
名前を呼んでも
「おかーたん、怖いときに助けれくれなかったじゃない!」というような目をして
絶対に私に近づきませんでした。
そして玄関に行っては吠え、お風呂場に行っては吠え、ベランダに行っては吠えています。
明らかに精神状態不安定。

余震が来る来ないにかかわらず、この土日にシャンティをダッコし続けて、
今日は、やっと普通のシャンティに戻りました。

ダンナも30キロの道のりをピーシャンが心配で歩いて帰ってきました。

私は、宮城が故郷です。
何人かの親類とは、やっと連絡が取れて無事だということです。
友人たちは、大丈夫かな?
どうぞ、どうぞ無事でありますように。
そして一日も早く救助が進みますように。
by cica_tassy2 | 2011-03-13 18:11