<   2017年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ピース 夜間救急にかかる

シャンティの大学病院受診の2日前の夜、
ピースの呼吸の様子がおかしくなりました。
通常、10秒間に5回(これも多めだけど)、
それが10秒間に9回。
全身で呼吸しているような状況。

かかりつけ病院に電話をし、
ピースを救急で診てもらうことにしました。

病院に着いた時に、
舌の色が、少し白っぽくなっていました。
肺の音も、微妙にポコポコ音がしているそう。
レントゲンを撮ると、前回よりも心臓が大きくなっていて、肺水腫の一歩手前でした。

かかりつけの病院は、少し大きい病院なので、
夜間救急の対応は、当直の先生が診てくれます。
ただ、ピースがラッキーだったのは、
病院に行った時間が8時過ぎで、
ピースの主治医が、たまたま残っていて、
ピースが来院したことに気付いて、
診察室に来てくれたこと。

ニトログリセリンと、利尿剤の注射、
強心剤のお薬の処方で落ち着きました。

シャンティが大学病院の日は、
ピースは、本当はお家でお留守番だったのですが、状況が状況だけに、
診察がてら、
病院で1日預かってもらうことにしました。
昼間のお薬も、ウマウマと一緒にもらってご機嫌、
可愛い先生に構ってもらって、
終始リラックスだったそうな。
そして、肺の音も改善傾向。

まずは、ピース、一安心。

a0134306_08040658.jpg



by cica_tassy2 | 2017-04-28 07:39 | 病気のこと

大学病院へは、電車でGO

本日の大学病院は、電車でGO。
朝のラッシュ時間帯に当たるので、
心配しましたが、
途中から座れるほどガラガラ。

キャリーのシャンティは、
うんとも、すんとも言わないので、
心配になって覗いてみたところ、
バックの中で、ひっそり。
a0134306_17164746.jpg


駅に着いてファスナーを開けたら
a0134306_17164858.jpg


あ、本当に爆睡してたのねー
眠れるキャリーで、安心したよ。

さて、検査の結果
白血球は、若干上向き、
レントゲンの結果も異常なしだったので
パラディア10をこのまま服用することになりました。
このまま、頑張っていこうねっ。

by cica_tassy2 | 2017-04-25 17:06 | 病気のこと

人参ジュース問題

シャンティのごはん問題は、
食器を変えることによって、
あの「ワンコそば」状態は何だったの?というほど
全く問題がなくなりました。
食べるスピードも、がっつき具合も
病気になる前と同じになりました。

そして、唯一残っていたのが
「人参ジュース」問題。

病院の先生から、
「毎食、新鮮な人参ジュース
出来れば1本、飲ませてくださいね」と言われています。
ビタミンAは、腫瘍への働きかけがあるみたいです。

ですが、シャンティ、
人参ジュースがお気に召さないようで・・・
いつも半分以上は残してしまいます。

なので、リンゴを入れたり、バナナを入れたり
試行錯誤。
シャンティの残りをダンナに飲ませたら
「これ、シャンティが残す気持ちがわかる。
かなりまずい・・・」と
ピーシャン&ダンナで、人参ジュース反対同盟が出来そうな勢いでした。

そんな時、糸島のお友達から
シャンティのお見舞いと言って
みずみずしくって、ピカピカのトマトたちがやってきました。
a0134306_2134562.jpg

a0134306_2135785.jpg


口の中に入れたとたん
トマトの甘味が、
細胞の奥にまで、広がるほどおいしいトマト。
トマト好きのシャンティは、大喜び。
そこで、このトマトを、人参ジュースに入れてみたところ
シャンティの勢いは止まりません・・・。


これで、シャンティの人参ジュース問題も
無事、解決しました。

毎食、人参ジュースも完食でございます♪
by cica_tassy2 | 2017-04-19 21:39 | 日常

イチゴ狩り

今シーズン、2度目のイチゴ狩り。
まりん、あくあ、ティアレ、ゆうた。
アポロン、カノア。
全員で会うの、久しぶりだね。
a0134306_23080146.jpg


ただ、苺の生育が遅れているみたいで、
苺狩りできるレーンが固定されていて、
いつもみたいに、
行ったり来たりしながら食べるって感じじゃなかったのが残念。
それでもワンコたちは、大興奮。
a0134306_23080551.jpg

a0134306_23080759.jpg

a0134306_23081120.jpg


いつもは、苺に専念するため、
食べ放題のアイスやパンケーキは自粛しますが、
今回は、苺がそれほどないので、
アイスにも手を出しましたよー 
a0134306_23081251.jpg


来シーズンも、みんなで一緒に来ようね。

by cica_tassy2 | 2017-04-15 22:53 | お出かけ

大学病院 受診

4月10日、大学病院受診。
3月22日から通い始めて、はや3回目。
校内の桜が満開で、
少し早めに着いたので、桜散策。
a0134306_07530273.jpg

a0134306_07530588.jpg


さて、シャンティが検査の間、
シャンティに付き合って、
朝ごはん抜きのピースの早弁タイム。
今日は、お花見弁当だよ。
a0134306_07530740.jpg

a0134306_07530997.jpg


シャンティの検査結果は、
白血球の数が、パラディア投薬前の半分を推移。
パラディア15から10に変えて、
変化がないようなので、
あと2週間続けてみて、
再度、白血球数を観察。
それで、腫瘍の大きさにも、
白血球数にも変化がないようであれば
パラディア10を続けることになるかも。
お薬が決まれば、2週間に1回の通院から、
1ヶ月に1回の通院になるから、
あと少し、頑張ろうね。

シャンティも、お花見弁当を食べて、
近くのカフェで、
ワンコたい焼きも食べて、
ウマウマ、ハッピー♪
a0134306_07531239.jpg

a0134306_07531422.jpg


帰りがけ、出口じゃなくて、
厨房に入り込もうとして、
「大学病院に通っている子には、見えないねぇ」と感心されておりました。

ま、病院と楽しみは一緒じゃないとねっ。


by cica_tassy2 | 2017-04-11 07:34 | 病気のこと

「散る桜 散らぬ桜も 散る桜」 良寛

散らない桜はないと、分かっている。

でも、来年も、一緒に桜が見たい。
a0134306_22120465.jpg

by cica_tassy2 | 2017-04-10 21:59 | 病気のこと

ピースのこと

最近、シャンティが主役になっているので
本日はピースのこと。

実は、ピースは昨年末の心臓の検診の時に
心肥大がかなり進んでしまっていました。
素人の私でも分かるほど心臓は大きくなり、
弁はヨレヨレになっていました。
先生の言葉を借りると
「いつ、どうなってもおかしくない状態」です。

お薬も増え、咳の回数も増え、
あとピースとどのくらいの時間を過ごしていけるのかしら、
と思っていた年末年始。

まずは、ピースのことを最優先していこうと思っていたら
シャンティの病気が発覚。

まさか、同じような時期に
二人が生死にかかわるような病気になるなんて
思っていませんでした。

今は、まだ元気な二人。
でも、もしかしたら、同時に失ってしまうかもしれない。
そんな不安で、夜中に目が覚めてしまうこともあります。

でも、ふさぎ込んで、下を見ていても
時間が過ぎていくだけ。
残された時間が限られているなら
なおさら、一緒にいて、楽しんで、
時を共有しなくっちゃね。

a0134306_2147497.jpg

by cica_tassy2 | 2017-04-09 21:48 | 病気のこと

シャンティのご飯事情

エイの煮こごりの時以外は、
夕飯はワンコそば状態になるシャンティ。

でも朝ごはんは、病気になる前と同じように食べれていました。
だけど先日、ふと見たら、
器の底に残ったフードを食べたいのに食べれなくて、すごく困って、悲しそうな顔をしたシャンティがいました。
やっぱり、前とは違うんだね。
喉のどこかに違和感があるんだね。

それで、器を変えてあげようと思いました。
ちょうど、リモちゃんが使っているご飯の器が深すぎず、ちょうど良さそうだと思ってお店をお尋ねしたら、シャンティのために送って下さいました。

そして、答えはビンゴ。
喉の所に負担がかからないからか、
器までピカピカにしてくれました。



それと、もう一つ。
今まで、お野菜は、ブレンダーで細かくして、
ほとんどスープ状態にしていたんだけど、
シャンティは、少し歯ごたえがある方が好きみたいなので、みじん切りにして煮込むやり方に変更。
ムシャムシャしながら食べていたので、
やっぱり、こっちの方が好きだね。

ま、たしかにビジュアル的にも、
今の方が美味しそうだ
使用前
a0134306_00502512.jpg


使用後
a0134306_00502696.jpg

by cica_tassy2 | 2017-04-08 00:28 | 病気のこと

ピースが結んでくれたご縁


初めてシャンティを連れて、
大学病院に行った日のこと。
大学病院は、それなりの理由があって通院している子達ばかりなので、
地元のかかりつけの病院とは違って、
飼い主さん同士が明るく交流と言うことはあまりありませんでした。

そんな中、シャンティが検査している待ち時間に、年配の女性の方が話しかけてきました。
ピースを見ながら、
「見たら目が合って、そしたらニコニコして
尻尾を振ってくれたから、来ちゃいました」と。

その方もキャバちゃんを飼っていること、
1月に肝臓に腫瘍が見つかって、
治療しようとしたら膵炎になってしまったこと、
その時のかかりつけ医は、腫瘍の治療をしてくれなかったこと、
それで、病院を替えて、検査をしたら、
腫瘍がさらに大きくなってしまっていて、
それで本日に至ったことを話して下さいました。
「はるばる○○から来たんですよ」と。
その○○は、ウチの近所。
よく聞いてみると、かかりつけの病院も、
なんと主治医まで一緒でした。

検査結果を待つ間の不安な気持ちや、
我が子が病気である切なさなどをお話しして、
地元の病院でもお会いするかもしれないですよね、と励ましあってお別れしました。

同じ境遇の飼い主さんとキャバちゃんとの出会いは、ピースが結びつけてくれたんだね。

a0134306_23161590.jpg

by cica_tassy2 | 2017-04-06 23:15 | 病気のこと

30日目

3/1に全身検査をし、
3/5に病理検査の結果が出て、
癌と診断され、今日で30日目。
何でシャンティが?から始まり、
何で気付いてあげられなかったのかと自分を責め、
手術するしないで大騒ぎし、
大学病院受診までに悪化するんじゃないかとオロオロし、
怒濤のような30日でした。

抗がん剤を服用しても、
それほど副作用は出ず、
お散歩もボール遊びも相変わらず。
時々、シャンティが病気であることを
忘れちゃいそうな位。

でも、今朝、ご飯のとき、
いつものお皿で食べていたら、
底に残ったご飯が食べれなくて困ってたね。
食べたいのに、取れなくて、悲しそうだったね。

何の変化もないようだけど、
やっぱり、変化してるんだね。
腫瘍は、喉のあたりにあるから、
違和感があるんだね。

もう少し食べやすい器、探そうね。

a0134306_18160979.jpg


by cica_tassy2 | 2017-04-05 18:06 | 病気のこと