1月26日 シャンティ ぴったんこでご飯

この日の夜も、私にダッコされて、
ゆっくりだけど、シリンジでご飯を食べてくれてたね。
だから、これが、
私がシャンティにあげる最後のご飯になるなんて、全く思わなかったよ。

ただ、いつもより、
私の左胸に頭を預けてたよね。
「シャンティ、今日は、ぴったんこしてご飯食べるんだね。ぴったんこして、ご飯食べようね」ってお話ししたもんね。

私の心音聞こえてた?
お母さんからお乳をもらっていた頃を思い出していたのかな?

シャンティ、
最後まで食べてくれて、ありがとうね。

a0134306_17395547.jpg


# by cica_tassy2 | 2018-02-21 17:28 | 日常 | Comments(0)

1月25日 シャンティ 腕枕

口から、少量の出血は続いていて、
美女の生き血を吸ったバンパイアのようでした。
昨日までは、テクテク歩いていたのに、
この日には、数歩がやっと、わずかな段差にも躓いてしまう程。
出血している子を放っておく訳にもいかず、この日は、お休みして一日中、近くにいることにしました。
病院にも連れていけたのだけど、
病院の往復すら、シャンティの体力を奪いそうだったので、
静かに一緒に過ごすことを選択しました。

私のお布団の枕元に、
ベッドごとシャンティを連れてきて、
午前中は、ピースと私とシャンティの3人で過ごしました。

午後からは、ピースは酸素室タイムなので、ピースを別室にある酸素室に入れて戻ってくると・・・

シャンティ、私のお布団に寝そべって、
私を見ると、パタパタと尻尾をふって
「待ってたー」と言わんばかり。
一生懸命段差を乗り越えてきてくれたんだね。今日のお昼寝は、一緒に寝ようね。

冬の風物詩は、私がお布団に入ると、
右側にはピース、左側にはシャンティが潜り込んでくること。
窮屈だったけど、ポカポカで暖かかったよ。
病気になってからは、何故か私のお布団に入ってこなくなったから、
ちょっと寂しかったんだよ。

シャンティとの添い寝、久しぶりだね。
ピースの腕枕の重みとは違う、
シャンティの重みとぬくもりを味わうね。

シャンティとの二人きりの時間、
イッパイ味わったよ。

a0134306_09021060.jpg

# by cica_tassy2 | 2018-02-19 08:31 | 日常 | Comments(2)

ピース 元気だよ

夜間救急にかかったピースですが、
その後は落ち着いています。
心配なので、本日、病院にいって、
今後の治療について相談。
呼吸数、肺の音も問題なし。
ただ、血液検査の結果、
BUNの値が少し上がってきてるので、
その辺りを注意していく必要があります。
まずは、ご飯から見直しかな。

今日は、午後から風が強くなると言うので、
穏やかなうちに公園お散歩。
足取り軽く、お散歩満喫。

公園のお散歩には、ウマウマがセット♪
本日は、ワンコワッフル♪
a0134306_22464970.jpg

可愛い顔してアピール中♪
a0134306_22510653.jpg
もちろん、あっという間に完食です☆

# by cica_tassy2 | 2018-02-17 22:48 | 日常 | Comments(2)

【ピース 夜間救急】

しばらく調子が良かったピースでしたが、
気温変動から、昨夜、突然咳が止まらなくなってしまいました。
頓服的に貰っていた咳止めの薬を前日で切らしていて、病院にもらいに行く矢先の出来事でした。

咳が止まらない→呼吸数が上がる→心拍数が多くなる。酸素が回らないためか、貧血のようなグラリと倒れそうになること数回。
酸素を与えても改善が見られないため、夜間救急にかかることにしました。
ニトログリセリンを投与し、
車が使えないため、シャンティが最後まで使っていたキャリーバッグでピースを担いで病院へ。

ニトログリセリンが効いたのか、
キャリーバッグのシャンティの匂いに落ち着いたのか、病院に着いたときには、
呼吸数は改善傾向、舌の色も戻っていました。
肺の音も悪くないので、利尿剤の注射を打ってもらい無事に帰宅。

「ピースちゃんのことは、病院中の皆が知ってまますよ。本当にこの心臓の状態で頑張ってるよね」と言ってもらいました。
担当医以外でも、ピースのことを分かってもらえてる安心感。
普段の診察でも、受付で必ず「ピースちゃん、苦しくないですか?」って聞いてもらえてたな。

頑張ってくれてるピース、
そしてそれを支えてくれている人たちに感謝だね。

a0134306_16494514.jpg

今朝のウマウマ待ちのピース。
元気だよっ✨
# by cica_tassy2 | 2018-02-15 16:47 | 病気のこと | Comments(4)

1月24日 シャンティ 確かめるように

夜に大きな痙攣がシャンティを襲いました。
その痙攣が収まってしばらくすると、
ゆっくりと立ち上がり、
少しふらつきながらも、
ゆっくりと、家の中を隅から隅まで、
見て回っていたね。
お外から戻ってくると、
必ず身体を擦り付けに行っていたローテーブル、
ウマウマ待ちしていた台所、
ウキウキな玄関。
何度も何度も確かめるように。

翌日には、数歩歩くのがやっとの状態になっていたから
最後に自分が育ったお家を
自分で見て回ったんだね。

a0134306_10401129.jpg

# by cica_tassy2 | 2018-02-12 10:35 | 日常 | Comments(2)