<   2017年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

シャンティ 東洋医学

先週末は、東洋医学の先生のところに行ってきました。お外では相変わらずウキウキのシャンティですが、やはり、震え、ふらつき、食欲不振がありました。
先生に診てもらったところ・・・
心臓が弱っていて、低血圧の状態になって、脳にいたずらをして、
てんかんのような症状が出てる、
とのこと。
・お散歩は控え目(室内運動)
お部屋でもゲージなどで、運動制限した方がいい。
・身体を温める
・肋骨のあたりが痛いはずだから、マッサージ
・漢方薬2種服用
・1カ月は、徹底的に静養

本日で受診から6日目。
大学病院のお薬と漢方薬の効果なのか、
ふらつき、震えは全くなくなりました。
食欲は、波があるものの、食べたいモードにシフト中。

お家でも、いつものシャンティに戻ってきたね。

a0134306_08253266.jpg

[PR]
by cica_tassy2 | 2017-12-28 08:24 | 病気のこと | Comments(2)

メリークリスマス

無事に、本当に無事に
ピースもシャンティも揃って
クリスマスを迎えることが出来ました。
a0134306_08552093.jpg


ロビナさんのケーキでお祝い。
a0134306_08552416.jpg


サンタさん、最高のプレゼントをありがとう。
[PR]
by cica_tassy2 | 2017-12-25 08:53 | 日常 | Comments(2)

シャンティの気持ち

震えやご飯を食べたがらないことから、
シャンティに残された時間がそれほど多くない気がして、
シャンティの気持ちをアニマルコミュニケーターの方にお聞きしてみました。
それをどう受けとるかは、人それぞれだけど、私は自分の気持ちを整理することが出来ました。

①朝に話しかけたら、「しんどいから、今はダメだ」と言われて、
夕方に話しかけたら、朝とは別犬のように元気イッパイで走ってきた。
→確かに朝は調子が悪くて、午後から調子が上がるので、その通り。

②シャンティは、人見知りしない子で、おしゃべり好き。「おばちゃん家のワンちゃん、よく吠えるねー」と話したとか。
→ワンワン吠えてるワンコを見ると、ワン!と文句を言うから、シャンティ言いそう。

③具合が悪いときは、そっとしておいてほしい
→シャンティは、調子が悪いときは、私たちから離れて一人になる。
私は、そんなシャンティの側に行って、ナデナデしたりしてたけど、嫌だったんだな

④足が冷たい。温めてもらうと、気持ちが良い
→肉球を触ったら、氷のように冷たかったので、具合が悪いときは、手を繋ごうね

⑤ご飯はドロドロしたものか、スープが食べやすい
→ちょうどスープのご飯に変えたところなので、良かった!

⑥怒ってる顔はキライ
→時々私たちが怒ってる顔をしてるそう。たぶん具合が悪いシャンティを見て、眉間にシワが寄っているんだと思うけど、
シャンティには、怒ってる顔に見えちゃうのね。
怒ってないよ。もう少し穏やかな顔を心がけるね

⑦シャンティは、自分が重い病気とは思っていなくて、痛いよりは、身体がダルいそう
→シャンティは、私なんかより、よっぽどあっけらかんとしてるみたい。
こっちの気持ちを押し付けちゃダメだね。

伝えてもらったシャンティは、
私たちが想像していた通りのシャンティでした。

シャンティが望んでることが、
少しでも分かると、
私がしてあげることがまだあるって思えました。
まだまだ、あなたと伴走するからね、シャンティ。

a0134306_19094146.jpg

[PR]
by cica_tassy2 | 2017-12-24 18:42 | Comments(4)

シャンティ 12月大学病院受診

もともとは、20日に大学病院受診予定でしたが、食欲不振、震え、手足の力が抜けることから、18日、予定を早めて診てもらえることになりました。

神経検査上、問題なし。
白血球、炎症の値問題なし。
転移も見られない。
ただ、喉の腫瘍が少し大きくなっていることから、やはり、シャンティの震えなどの症状は、腫瘍部分の痛みが原因ではないかとのこと。
神経検査から異常が見られないことから、手足の力が抜けることも痛みからの可能性。
もっと詳しく調べるには、MRIしかないとのこと。

薬を痛みをコントロールする薬に変えて、
様子をみることになりました。
・パラディア継続
・ファロム継続
・プレビコックス→リマダイル
・トラマール
・ガスターは、今ある分を飲みきり

このお薬が効いてくれるといいな。
シャンティ、お疲れ様。
a0134306_08290407.jpg

[PR]
by cica_tassy2 | 2017-12-19 08:22 | 病気のこと | Comments(4)

シャンティ 生まれたての小鹿

昨日の朝、シャンティは、手足に力が入らないようで
生まれたての小鹿のような状態になってしまいました。
せっかくの日曜日。
風は強いけど、大好きな土の匂いを嗅いでほしくて
公園に連れていくことにしました。
歩けるところまで歩いて
歩けなかったら、ダッコすればいい。
まだ、意識がしっかりあるうちに
少しでも好きなことをさせてあげよう。
せっかくなので、ご近所のレイちゃんもお誘いしました。


ところが公園に着いてみると・・・
強風のため、シャンティ大好物の葉っぱ祭り状態。
こっちがついていけないくらいの猛ダッシュ。


そしてレイちゃんとのお散歩も、
レイちゃん好き好きからの、葉っぱ祭り。


朝に、グラグラ、パタンパタンと倒れていたシャンティは
何だったの????
というほど、通常モードのシャンティでした。

外に連れ出してあげてよかった。
まだ、好きなことをできるパワーがあるんだね。

レイちゃんとの3ショットは、
やっぱり、葉っぱが気になっているシャンティは後ろ向きだけど
良い思い出になったね。

a0134306_11052821.jpg


[PR]
by cica_tassy2 | 2017-12-18 11:06 | 病気のこと | Comments(4)

シャンティ ごはん問題

病気になってから、何度となく繰り広げられている
シャンティご飯問題ですが、
またしても勃発中です。

しかし、前回と違うのは、
シャンティに痛みが伴っている模様。
食べたい気持ちはあるけれど、
おそらく、ゴックンするときに
喉に奥に違和感もしくは痛みがあるようで、
ご飯を食べながら震えが来ます。
しばらく震えながら食べていて、その後、食べるのをやめてしまう。
また、ちょっと時間がたつと食べ始める、という感じです。
なので、時間をかけながら、ゆっくり食べれば、
ほぼ完食です。

そんなシャンティですが、食べるのをあきらめたわけではありません。
マリア様から贈られたりんご。

a0134306_22435610.jpg














テンポ良く、シャリシャリ。



お友達が送ってくれた鹿のスープ。
冷凍状態にも関わらず、興味津々。

a0134306_22490180.jpg



























ツルリと食べれるといいな、と思って
食塩0のうどんと野菜を鹿のスープで煮込んで
本葛でとろみをつけてみたところ・・・



お気に召していただいたようです。
ただ、最後は、やっぱり震えがきちゃったから、
今度は、スープ状にしてみようね。


[PR]
by cica_tassy2 | 2017-12-16 22:52 | 病気のこと | Comments(2)

シャンティ 時間外診察に

昨日、帰宅すると、いつもはクルクル回って大歓迎のシャンティが、じっとしたまま。
そして、お留守番中のおやつも
ほとんど手付かず。
出してあげてみても、イヤイヤ。
その上、カタカタと言うか、
ピクピクと言うか、震えが止まらない。
診察時間は終わっているけど、
かかりつけに、ぶっ飛んで行きました。
処置としては、吐き気止めと鎮痛剤を点滴でいれてもらい
翌日再診することに。

点滴がきいてるのか、
おやつは食べたいモードに。
夜中も、ぐっすり眠ってました。

本日、改めて病院へ。
腫瘍が出来てる喉の奥をすごく痛がり、
あとは、なぜか腰を痛がりました。
昨日の震えと食欲不振は、その傷みからのせいではないかと言われました。
腰の痛みは分からないけど、
癌発覚時、10月の腫れのとき、
その時も痛みから食欲が無くなったもんね。

癌発覚時に、「長くて300日」と言われたシャンティ。
お正月で300日を迎えます。
何が起きてもおかしくない期間に突入したんだろうな。
シャンティ、あなたの為に、
私は何をしてあげれるだろうか。

a0134306_18504189.jpg

[PR]
by cica_tassy2 | 2017-12-14 18:31 | 病気のこと | Comments(4)

ピース またまたその後

デイケアも終わり、通常モードに戻ったピースとの生活。
日中は、酸素室でお留守番しているせいか、
帰ってきたときは、病気とは思えないくらい。
ただ、夜に寝ようとすると、コンコン咳が出て、
苦しそうになります。

いつもは、同じお布団で寝ていたのですが、
あまりにも苦しそうなので、酸素室に入れました。
クンクン悲しそうに泣いていましたが
心を鬼にして、朝まで酸素室へ。
が、朝起きて、酸素室を見ると
媚びるようにシッポを振るピース。
なんで、自分だけ、酸素室に入れられたかわからなくて
捨てられたような気持ちになっちゃったのかも。
3日間ほど、夜中は酸素室に入れたのですが、
日を追うごとに、目の力がなくなり、
食欲が落ちてしまいました。
これでは、病気そのものより、
メンタルによってダウンしちゃう・・。

そこで・・・
夜中に苦しそうになったら、ダッコしながら酸素マスクをあてる。
膝の上で、お座りから、伏せの状態になり、
眠りが深くなったら、
そっとお布団に下ろし、口もとに酸素マスクをあててあげると、
よく眠れるようでした。

夜中に数回、これを繰り返しますが、
一緒に眠れるようになってからは、
目力も、食欲も、元気も回復。

ピースが寝落ちしたときのタイミングは、
このお顔になった時。
a0134306_22084574.jpg

[PR]
by cica_tassy2 | 2017-12-09 22:13 | 病気のこと | Comments(4)

ピースその後

11月25日に退院したピースですが、
翌日から3日間は、点滴のため、日中のみ入院です。
朝の8時半に預けて、夜の6時半にお迎えです。
病院では、酸素室で点滴を受けていることもあり
呼吸数、心拍数も安定していたとのこと。
家に戻ってくると、なかなか酸素室に入ってくれないので
酸素マスク状態です。
a0134306_21314225.jpg


デイケアも終了すると、いつものようにお家でお留守番。
酸素室で、ゆっくりできるようで、
私が帰ってきても気づかず、爆睡状態。
状況が状況なだけに、一瞬ギョっとし、
呼吸を確認して、ほっとする、の毎日です。

この週末からは、お外でのお散歩を開始。
ルンルンで、時々走ったりするので
私の心拍数の方が上がりそうです。



ピース、ゆっくり、ゆっくり、いつもの日常を過ごしていこうね。


[PR]
by cica_tassy2 | 2017-12-03 21:56 | 病気のこと | Comments(2)

シャンティその後

ピースにぃにが入院して、一番凹んだのがシャンティ。

①シャンティだけでお散歩に行くと・・・
ちょっと歩いて、後ろを振り返り、何かを待っている風。
しばらく立ち止まると、今来た道を戻って、別の道へ。
しばらく行くと、同じように後ろを振り返り、しばらく立ち止まる。
その後、猛ダッシュで向かった先は、家・・・
お家に入ると
猛ダッシュでピースのところへ・・・

②退院してお家に戻ってきても、ピースはお散歩に行けないので、
ダンナとシャンティがお散歩の用意をしていると・・・
コートを着て、リードを引きずって、ピースと私が寝ているお布団へ。
ピースのところで「あれ?にぃにはお散歩行かないの?」って感じで
ピースの周りをクルクル回り、行かないとわかると、
グイグイ私のお布団の中に入り、私の足の間に潜み、
シャンティ消えましたの術。
「あれっ、シャンティがいないっ」と大慌てのダンナ。

やっぱり一緒にお散歩がいいんだね。

何をするにしても、ピースがいないとチーンとしているシャンティなので、
11月26日は、キャバレスの里親会にお出かけ。
キャバフェスであったアリーちゃんに再会したり、
a0134306_21135913.jpg


アポロンとカノアに慰めてもらったり
a0134306_21143930.jpg


お写真はないけど、みんなに会って、気分転換できたようでした。

その後、にぃにが退院してきて、いつもの日常が戻りました。

そうそう、シャンティ、喉の傷がくっついたので
ほぼ2か月以上ぶりに病院でシャンプーしてもらいました。
(喉の傷があるので、薬用シャンプーです)
いつものサロンではバンダナなんだけど、病院はおリボンなのね。
シャン子誕生です!可愛いかしら???
a0134306_21171277.jpg

[PR]
by cica_tassy2 | 2017-12-03 21:17 | 日常 | Comments(6)