<   2018年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

1年前、そして1ヶ月

ちょうど一年前の今日、
シャンティに腫瘍が見つかって検査を受けるように勧められました。
まさか、その時には、1年後、
シャンティが旅立っているなんて思わなかったな。
そして、そんな今日が、シャンティの月命日。

この1ヶ月は、自分の心と向き合う1ヶ月でした。
心の中に湧いてくる感情とか想いを紐解いて、言語化して、整理していく作業。
きっと、これが、私にとっての「ありのままを受け入れる」ための工程なんだと思う。
もちろん、まだまだ言語化されない感情が湧いてくるけれど、それは、それで、受け止めていきます。

私の心と向き合うことは、
シャンティと会話すること。
こうして、心の中にシャンティが棲みついていくんだね。
a0134306_17585067.jpg


[PR]
by cica_tassy2 | 2018-02-27 17:53 | シャンティ | Comments(2)

シャンティ 四十九日の法要

少し早いのだけど、
本日、シャンティを荼毘にふしたお寺さんで、
シャンティの四十九日の法要を行いました。
a0134306_17420553.jpg


本堂は寒かったけど
読経もご焼香もあって、
魂をきちんと送り出してあげれた気がします。
シャンティの塔婆をお祀りしてきました。
a0134306_17452297.jpg


お経を聴くと心が安らぐ私は、
読経中は、涙が出ることは無かったけど、
最後のご住職の言葉が胸に染みて、
涙があふれてきました。

「仏教の「無」とは、無くすことではなく、
その愛する者がいない、と言う
「ありのまま」を受け止めると言うこと。

そして、臨終に際に、
自分の心に現れたことこそが、
真実なのだから、
その時、自分がどう思ったか、
感じたかを見つめることこそが、
亡くなった者への供養になる」

そうだね、シャンティ、
あなたの死を受け入れながら、
あなたの生と死を通して教えてくれたことを噛み締めて、私は前を向いていくね。

a0134306_17475713.jpg


[PR]
by cica_tassy2 | 2018-02-25 17:41 | 日常 | Comments(0)

1月27日 シャンティ 旅立ち

26日の夜ご飯の後、
お布団の近くにシャンティをベッドごと連れてきて、ずーっと一緒にいたね。
日付が変わった頃、うとうとと私は寝てしまって、次に気付いたのは、シャンティが、私の顔の横に来たから。
ほとんど歩けないシャンティが、
私の所に来たのに、
私がシャンティにかけた言葉は、
「シャンティ、チッコしたいの?」

私が騒いでいたから、
隣で寝ていたピースも起きて、
別室にいたダンナもやってきて、
皆が揃った瞬間、
シャンティに痙攣が起きて・・・

この一週間、ほとんど鳴き声をあげなくなっていたシャンティが、
最後の力を振り絞って、
一言、二言、私たちに話しかけて、
そのまま、すぅっと、息を引き取りました。

ほとんど歩けないのに、
最期の瞬間、私のところまで、
力を振り絞って歩いてきてくれて、
ありがとう。
吠える元気もしばらくなかったけど、
逝く瞬間、何か言ってくれたね。
何かは分からないけど、
シャンティの想いは伝わったからね。

最期の瞬間まで、
ちゃんと想いを伝えてくれて、
ありがとう。
想いを伝えることの大切さを
シャンティは、私に教えてくれたよ。

a0134306_18200633.jpg


[PR]
by cica_tassy2 | 2018-02-24 17:58 | 日常 | Comments(2)

シャンティ、10歳のお誕生日

にゃん、にゃん、にゃんの日は
シャンティのお誕生日。

シャンティ、お空組で、10歳のお誕生日おめでとう♪
お空組の特権は、何でも食べることが出来ることだから、前に食べたがっていたシャンティパフェ



大好きな糸島のイチゴ。
a0134306_21542985.jpg


それとお友達が送ってくれた、
ミルキーのお線香と焼き芋のキャンドルも一緒に。
a0134306_21555635.jpg


ピースも一緒に、シャンティのお誕生日会。
a0134306_21562337.jpg


シャンティ、お誕生日おめでとう♪

[PR]
by cica_tassy2 | 2018-02-22 21:51 | お誕生日 | Comments(2)

1月26日 シャンティ ぴったんこでご飯

この日の夜も、私にダッコされて、
ゆっくりだけど、シリンジでご飯を食べてくれてたね。
だから、これが、
私がシャンティにあげる最後のご飯になるなんて、全く思わなかったよ。

ただ、いつもより、
私の左胸に頭を預けてたよね。
「シャンティ、今日は、ぴったんこしてご飯食べるんだね。ぴったんこして、ご飯食べようね」ってお話ししたもんね。

私の心音聞こえてた?
お母さんからお乳をもらっていた頃を思い出していたのかな?

シャンティ、
最後まで食べてくれて、ありがとうね。

a0134306_17395547.jpg


[PR]
by cica_tassy2 | 2018-02-21 17:28 | 日常 | Comments(2)

1月25日 シャンティ 腕枕

口から、少量の出血は続いていて、
美女の生き血を吸ったバンパイアのようでした。
昨日までは、テクテク歩いていたのに、
この日には、数歩がやっと、わずかな段差にも躓いてしまう程。
出血している子を放っておく訳にもいかず、この日は、お休みして一日中、近くにいることにしました。
病院にも連れていけたのだけど、
病院の往復すら、シャンティの体力を奪いそうだったので、
静かに一緒に過ごすことを選択しました。

私のお布団の枕元に、
ベッドごとシャンティを連れてきて、
午前中は、ピースと私とシャンティの3人で過ごしました。

午後からは、ピースは酸素室タイムなので、ピースを別室にある酸素室に入れて戻ってくると・・・

シャンティ、私のお布団に寝そべって、
私を見ると、パタパタと尻尾をふって
「待ってたー」と言わんばかり。
一生懸命段差を乗り越えてきてくれたんだね。今日のお昼寝は、一緒に寝ようね。

冬の風物詩は、私がお布団に入ると、
右側にはピース、左側にはシャンティが潜り込んでくること。
窮屈だったけど、ポカポカで暖かかったよ。
病気になってからは、何故か私のお布団に入ってこなくなったから、
ちょっと寂しかったんだよ。

シャンティとの添い寝、久しぶりだね。
ピースの腕枕の重みとは違う、
シャンティの重みとぬくもりを味わうね。

シャンティとの二人きりの時間、
イッパイ味わったよ。

a0134306_09021060.jpg

[PR]
by cica_tassy2 | 2018-02-19 08:31 | 日常 | Comments(2)

ピース 元気だよ

夜間救急にかかったピースですが、
その後は落ち着いています。
心配なので、本日、病院にいって、
今後の治療について相談。
呼吸数、肺の音も問題なし。
ただ、血液検査の結果、
BUNの値が少し上がってきてるので、
その辺りを注意していく必要があります。
まずは、ご飯から見直しかな。

今日は、午後から風が強くなると言うので、
穏やかなうちに公園お散歩。
足取り軽く、お散歩満喫。

公園のお散歩には、ウマウマがセット♪
本日は、ワンコワッフル♪
a0134306_22464970.jpg

可愛い顔してアピール中♪
a0134306_22510653.jpg
もちろん、あっという間に完食です☆

[PR]
by cica_tassy2 | 2018-02-17 22:48 | 日常 | Comments(2)

【ピース 夜間救急】

しばらく調子が良かったピースでしたが、
気温変動から、昨夜、突然咳が止まらなくなってしまいました。
頓服的に貰っていた咳止めの薬を前日で切らしていて、病院にもらいに行く矢先の出来事でした。

咳が止まらない→呼吸数が上がる→心拍数が多くなる。酸素が回らないためか、貧血のようなグラリと倒れそうになること数回。
酸素を与えても改善が見られないため、夜間救急にかかることにしました。
ニトログリセリンを投与し、
車が使えないため、シャンティが最後まで使っていたキャリーバッグでピースを担いで病院へ。

ニトログリセリンが効いたのか、
キャリーバッグのシャンティの匂いに落ち着いたのか、病院に着いたときには、
呼吸数は改善傾向、舌の色も戻っていました。
肺の音も悪くないので、利尿剤の注射を打ってもらい無事に帰宅。

「ピースちゃんのことは、病院中の皆が知ってまますよ。本当にこの心臓の状態で頑張ってるよね」と言ってもらいました。
担当医以外でも、ピースのことを分かってもらえてる安心感。
普段の診察でも、受付で必ず「ピースちゃん、苦しくないですか?」って聞いてもらえてたな。

頑張ってくれてるピース、
そしてそれを支えてくれている人たちに感謝だね。

a0134306_16494514.jpg

今朝のウマウマ待ちのピース。
元気だよっ✨
[PR]
by cica_tassy2 | 2018-02-15 16:47 | 病気のこと | Comments(4)

1月24日 シャンティ 確かめるように

夜に大きな痙攣がシャンティを襲いました。
その痙攣が収まってしばらくすると、
ゆっくりと立ち上がり、
少しふらつきながらも、
ゆっくりと、家の中を隅から隅まで、
見て回っていたね。
お外から戻ってくると、
必ず身体を擦り付けに行っていたローテーブル、
ウマウマ待ちしていた台所、
ウキウキな玄関。
何度も何度も確かめるように。

翌日には、数歩歩くのがやっとの状態になっていたから
最後に自分が育ったお家を
自分で見て回ったんだね。

a0134306_10401129.jpg

[PR]
by cica_tassy2 | 2018-02-12 10:35 | 日常 | Comments(2)

1月22日 シャンティの愛情表現

ご飯は、完全にシリンジでの流動食。
それでも、しっかりゴックンして食べてくれてたね。
だけど、ご飯の後の薬を嫌がって、
私から本気で逃げ回り、
この日は、とうとうゲージの中に逃げ込んで、
隠れちゃった。
「シャンティ、私のことなんて、本気で嫌いになったよね。私だって辛いんだよ」と話したら、ゲージからトコトコ出てきて、
私の肩に前足をかけて、耳たぶをカミカミ。
これは、シャンティの愛情表現。
「嫌いになんてならないよ」って言ってくれてるみたいだったね。
翌日には、肩に前足をかけることが出来なくなっていたから、
これが、シャンティのいつもの愛情表現が出来た最後になっちゃったね。
a0134306_09050648.jpg

[PR]
by cica_tassy2 | 2018-02-09 09:02 | 日常 | Comments(2)